突レポ スペシャリストが行く

ブルーレット奥岳の世界高級風俗ガイド!~シンガポール・ゲラン編~

アジアの先進金融都市国家にローカル色満点な歓楽街があった!
しかも遊んで安心の政府公認の置屋だっ

ブルーレット奥岳の世界高級風俗ガイド!~シンガポール・ゲラン編~

高級デリヘル.JP編集部から

海外風俗のスペシャリストブルーレット奥岳が高級デリヘルjpに登場!海外の夜の風俗を知り尽くした男が世界の高級風俗をご案内します。

今回は都市国家でもありアジア有数の金融都市でもあるシンガポールの夜の風俗を紹介します。風俗全般に厳しそうなイメージですがしっかり管理された風俗エリアがあるんですね。奥岳氏がシンガポールならではのリッチな風俗遊びを提案します。

アジアの先進金融都市国家シンガポールにローカル色満点な歓楽街

 東南アジアのど真ん中、インドシナ半島の先端にある都市国家シンガポール。東京都23区ほどの広さしかない国内には高層ビルが建ち並び、世界の有名企業が支社を構え、アジア有数の金融都市として存在感を示し続けています。
 ハイテク都市のイメージが強いシンガポールですが、赤道直下の熱帯気候を満喫出来るリゾートエリアとしても有名。島全体がアミューズメントスポットとなっているセントーサ島、3つのビルの上に船のカタチをした建物を乗せたユニークな形状のマリナベイサンズなどなど、世界のセレブ御用達の高級リゾートホテルも多数あります。
 また、この国はクリーン都市としても知られており、ガムの持ち込みは禁止、タバコにも厳しく、指定された場所以外で喫煙すると高額の罰金が科せられます。この厳格さが限られた面積の国土を有効活用する為のアイディアだったりするのです。

魅力的なシンガポールの女性

 そんな最先端テクノロジーとクリーンさが売り物がシンガポールですが、ナントこの国には政府公認の風俗街があるんですね。先進国の多くが風俗営業を禁止する方向にあるのに、何故、この国は逆を行くのか!? その答えはこの国に住む人種にありました。シンガポールは国民の大半が、中国から海外へ進出した華僑と呼ばれる方々なのです。
 中華系の皆さんは、人間が生きて行くのに欠かせない衣食住に加え、性を重視しているんですね。世界中に移住した彼らは、移り住んだ場所で集まって住み、中華街を作ります。そしてその中に風俗施設も作ってしまうのです。元から住む住民とのトラブルを防ぐ為の知恵とも言われていますが、華僑住む所、風俗ありなのです。そしてこのシンガポールでも風俗街を作っていたのですね。
 その歓楽街はゲラン地区と呼ばれる場所にあります。空港と市内中心部を結ぶ地下鉄東西線のアルジュニード駅。この駅を下車して歩いて5分ほどの所に地下鉄と並行して伸びるゲランロードがあり、その偶数側の路地に政府公認の置屋街が広がっているのです。

政府公認の置屋の外観

 このゲランロードはシンガポールの下町に位置し、通りには安くて美味しいと評判のレストランが軒を連ねています。夕食時になると多くの人たちで賑わうのですが、一歩ロロンと呼ばれる路地に足を踏み入れると様子が一変。通りは派手さはないけれどピンク色のライトに彩られた店が並びます。店の様子を更に観察すると、入口に大きく28X、41Xと数字と末尾にXが書かれた看板が掲げられています。実は、この番号Xが政府から公認置屋に与えられた営業許可。それを各店が屋号として使っているのです。
 政府公認であるだけに規制も厳しく、店の外へ出ての客引きは厳禁。女性の写真など風紀を乱すような看板も禁止。唯一許されているのがピンク系の照明だけなのです。知らない方がこの路地に来ても、風俗店が並んでいるとは分からない、そんな不思議な風俗街がゲランなのです。
 外見は地味ですが、店の中に入れば様子が一変。風俗ならではの派手な演出が施されています。キラキラした店内で最も目立つのは、女のコたちが待機する小部屋でしょう。店によって広さや形状は異なりますが、ガラス越しに着飾った女のコたちをチェック出来るようになってます。このまま女のコたちをじっくり観賞したい所ですが、最初に店主から料金を確認しましょう。ゲランの置屋は店毎に料金設定出来るようになっているのでプレイ料金は様々。ですので女のコを選ぶ前に値段の確認が大事なのです。

安くて美味しいと評判のレストラン街

シンガポールでリッチに遊ぶ立ち回り方

 値段は最も安い店で80シンガポールドル(約6400円)。主力は100~150シンガポールドルです。仲間と一緒に遊びに行くと『いつもは120ドルだけど3人で入ってくれるなら90ドルにまけるよ』などとディスカウントしてくれる事もあるので、グループで遊びに行ったなら『まけてよ!』と言ってみるのも良いでしょう。
 料金に納得出来たらお相手の女のコを選びましょう。顔見せルームに居る女のコたちは、選べばスグに遊べる娘たち。プレイ中の女のコたちは終わればここに出て来ますが、このフロアに待っているスペースはないので、居る女のコから選ぶ事になります。
 お相手を選んだら受付で料金を支払い女のコにエスコートして貰いプレイルームへ。プレイルームは日本のヘルスぐらいの狭い部屋で、部屋毎に小さなシャワーブースが設けられています。ここで自分で身体を洗いベッドへ。全身舐めからフェラして貰い〇〇〇と言う流れですね。

ガラス越しに着飾った女のコたちをチェック!

 プレイ時間はどのくらいなの!? と日本人の方は気にしますが、厳密には決まっておらず20分程度。多少オーバーしてもイクまで付き合ってくれます。
 在籍する女性は、タイ人と中国人。シンガポールなのでシンガポール人女性は居ないの? と思われるかもですが、個人GNPでは日本を上回る高所得の国なので地元の女のコは風俗で働かないんですよね。
 このゲランエリアの置屋街には以前は多くのストリートガールたちがタムロしていましたが、警察の厳しい取り締まりと、プレイ場所に使っていたラブホテルが観光客の増加で一般ホテルに変わってしまった為にほとんど姿を見せなくなりました。安い値段で遊べる美人がゴロゴロ居て、楽しかったんですけどね。こればかりは仕方ありません。
 このゲラン地区以外では、ナイトクラブが集まるオーチャードプラザと言う場所がありますが、以前のように連れ出しOKの女のコたちがワンサカ居た店は店内で女のコと盛り上がるだけの飲み屋さんに変わって来ているので、確実に遊ぶならゲランが一番でしょうね。
 高級志向の皆さんは、マリナベイサンズに泊まってプールとカジノを満喫しつつ抜きたくなったらゲランに行って即抜き、と言うのがシンガポールならではの立ち回りとなりそうですね。

在籍する女性はタイ人と中国人

この記事をシェアする

関連ワード

ブルーレット奥岳

取材者 ブルーレット奥岳

日本で海外夜遊び情報を20年以上発信し続けている海外風俗のカリスマ。残念ながら休刊となってしまった海外夜遊び情報マガジン『アジアンキング』『アジアン王国』を作り続けて来た名物編集長としても有名。

この20年の間に回った国は世界34ヵ国、遊び倒した女のコの数は2000人オーバーと言うのだから凄い!この経験を生かし、東スポ、週刊実話、週刊現代などで活躍。雑誌以外では国毎の風俗情報を纏めた『夜遊びMAX』(オークラ出版刊)、『海外夜遊びの王様ランキング!』(ジーオーティー刊)など著書作も多数。

海外で遊んでみたいけど1人行くのはちょっと、と思っている方々の為に奥岳オフ会も主催。ご興味のある方は、ラインID:okudake5525、Facebookのグループ『アジアン王国』で検索して下さい。


◆アマゾンで購入可能なブルーレット奥岳の書籍リスト!
https://www.amazon.co.jp/ブルーレット奥岳/書籍リスト