突レポ スペシャリストが行く

ブルーレット奥岳の世界高級風俗ガイド!~タイ・バンコク編~

日本のソープを参考にタイで生まれた風俗。さらにタイ独特のアレンジを加え、日本のセレブも驚く進化を遂げた!

ブルーレット奥岳の世界高級風俗ガイド!~タイ・バンコク編~

高級デリヘル.JP編集部から

海外風俗のスペシャリストブルーレット奥岳が高級デリヘルjpに登場!海外の夜の風俗を知り尽くした男が世界の高級風俗をご案内します。

今回はタイの知られざる高級風俗の世界をご紹介します。世界有数のリゾート国でもあるタイにはセレブ向けのリッチな風俗遊びができるお店が当然あるんですね。まさに豪遊と言うにふさわしいタイの高級風俗の世界をブルーレット奥岳氏が詳しくガイドします。

日本のソープを参考にタイ独特のアレンジを加え生まれた「マッサージパーラー」

 今や年間160万人もの日本人が観光に訪れる東南アジアの国と言えばタイランド。遊び尽くせないほどの観光資源に恵まれ、ご飯も美味くて、迎えてくれるタイの人々も笑顔満点のフレンドリー。人気になるのも頷けます。アジアきっての親日国でもあり、治安もすこぶる良いので日本人が心地良く滞在出来るのも人気の秘密でしょう。
 そして海外夜遊びファンには、日本と遜色ない豊富な遊びが用意されていのも見逃せません。遊べる場所も首都バンコクを始め、パタヤ、チェンマイ、プーケットなど数多くあるので、家族に『タイのプーケットへ行って泳いで来る』『タイの古都チェンマイでお寺巡りする』と言って出掛ければ『タイで女遊びして来るんだな』と怪しまれる心配もない所もメリットとも言えます(昼間、ビーチや観光地でアリバイ写真を撮る事を忘れずに)。
 東南アジアでの夜遊びは、日本よりも全体的に物価が安いので、風俗も安く遊べるジャンルが多いのですが、タイではそうした庶民的な遊びがある一方で高級感溢れるお金持ち向けのプレミアム感満点な風俗も用意されています。ちょっとリッチに特別な夜を過ごすのであれば、そうした高級志向の風俗へ遊びに行きましょう。  初めてのタイで、超高級店で遊びたいと言われるのでしたら、日本のソープランドを参考にして誕生したマッサージパーラーをオススメします。超高級店はタイの首都バンコクに集中しています。詳しいエリアはのちほどご紹介致しますので、滞在するのはバンコクと覚えておきましょう。
 基本的な遊び方は日本のソープランドと変わりませんので、初めてでも遊び方が分からずマゴマゴする心配はありません。店の従業員や泡姫とのやり取りも難しい会話をする必要がないのも有り難いポイントです。
 ただ、遊び方は日本のソープと同じでも、タイ独自のルールなどもありますので、入店してから出るまでの流れをご紹介致しましょう。

マッサージパーラーの女のコたち

 最初のポイントは、タクシーで行かず自分の足で目的地の店まで行く事です。ホテル近くに待機しているタクシーは、外国人観光客を相手にしているので『○○って言う店に行ってくれ』と言うと『その店は改装中だから俺の知っている飛び切りの店に案内するよ』などと上手い事言って、自分にマージンを渡してくれる店へ連れて行こうとします。その店が超高級店ならまだ問題はないのですが、そうしたタクシーが連れて行くのは値段だけは高級店並みですが、本当は大衆店レベルの店。初めてタイのマッサージパーラーへ行く方は、超高級店がどんな店構えなのか分からないので、連れて行かれた大衆店を高級店と勘違いして相場よりも高い金を払って遊ぶ事になってしまうのです。でも、それってどう考えても勿体無いですよね。ですので、そうした間違いを犯さない為にも自分の足で店まで行くのが正解なのです。

マネーの分だけハイクラスになる天井知らずの高級感

 初めてのタイでも迷わず超高級店に行きたいのであれば、バンコク市内を走る地下鉄に乗って下さい。空港に置いてあるバンコク市内の無料日本語MAPを見れば、どこに駅があるのか一目瞭然です。その地下鉄路線図にフェイクワンと言う駅がありますので、その駅まで向かいます。駅を出て目の前にあるラチャダーピセークと言う大通りを隣りのスティサン駅方向へ10分ちょっと歩いて行けば、宮殿を思わせる大きな建物があります(フェイクワン駅を背にしてスティサン駅の方を向き、大通りの左側です。通りは渡れませんので駅から出る時に大通りの左側に出るようにして下さい)。それが目指す超高級マッサージパーラーのポセイドンです。これがホントにタイのソープなの!? とビックリしてしまうかもですが、歩道から敷地内に入るとエントランスの上に大きくPOSEIDONと書かれています。
 1階はホールのようになっており、2階へ上がる螺旋階段がありますので、そこを上がって2階へ。通路を通って奥へ行くと、目の前に泡姫たちが並ぶ部屋が広がっています。これが日本のソープにはないタイ独自の顔見せシステムです。
 泡姫たちと男性客の間には大きな1枚ガラスがあり、泡姫たちはお雛様を飾るようなひな壇に座って微笑んでいます。ガラスで仕切られた部屋の中に着飾った女性たちが居る見た目で、日本人には『金魚鉢』と呼ばれています。男性客は彼女たちの前に立ってお相手となる泡姫を選ぶのです。
 泡姫を選んでいるといつの間には横には黒服を着た従業員が寄り添うように近づいて来ます。彼ら(女性の場合もある)はコンチュアと呼ばれる接客係で、横についたコンチュアに好みの泡姫を告げると金魚鉢から連れて来てくれる仕組みとなっています。
 ここで更に面白いのが、泡姫たちには呼び間違いのないように番号札が付けられているのですが、良く見るとその番号札に微妙な違いがあるのです。その違いは店によって様々で、札の色が違ったり札の形状が丸と星形と言った具合に何種類かに分かれているのです。実はコレ、泡姫たちの値段の違いなんですね。日本のソープでは高級店なら総額5万円、大衆店なら総額3万円と店毎に値段が決まっているのが常識なのですが、タイでは同じ店の中に値段の異なる泡姫たちが混在していのです。値段の違いはどこにあるの? 年齢? 美貌? それともオッパイの大きさ?と日本人にはクエッションだらけとなってしまいますが、この値段の差を上手く説明するのはちょっと難しかったりするんです。ですので、同じ店なのに様々な値段の泡姫がいる、とだけ覚えておいて下さい。コンチュアは、こうした値段の違いを客に伝える役目もおっているので、気に入った泡姫が居たら『彼女は幾ら?』と質問してから最終決定するようにしましょう。
 それでは金魚鉢の中から泡姫を選びましょう、と言いたい所ですが、実はこの店には他にセレブ用の特別な泡姫たちが用意されているんですね。そうしたハイクラスの泡姫たちは、更に上のフロアで待機していますので、エレベーターの前に。係員がVIPフロアへ案内してくれます。

グラビアモデルから準ミスの女のコとまで遊べてしまうんです!

 エレベーターを下りると、そこは高級クラブのような雰囲気となっています。エレベーターを出ると、このフロアのコンチュアが豪華なソファー席へ案内してくれます。で、座って少し待っているとコンチュアが泡姫たちを何人かづつ目の前まで連れて来てショーアップしてくれる仕組みとなっているんですね。
 やって来た泡姫たちは、金魚鉢に座っていたド派手なドレスを着た泡姫とは対照的にシックな装いです。もうこれを見ただけで値段の違いと言うか格の違いが分かります。彼女たちはモデルクラスと言うワンランクもツーランクも上の泡姫なのです。
 これだけでも充分、ハイレベルなのですが、更に上の女性と遊びたいのであればコンチュアに『スペシャルを紹介して』と言いましょう。するとコンチュアは、アルバムを持って来ます。そこには雑誌のグラビアなどが女性毎にページとなっており『こちらの女のコはタイ版ペントハウスのモデルです』『こちらは○年度の美女コンテストで準ミスとなった女性です』などと説明してくれるのです。タイのマッサージパーラーでは、お金さえ出せばグラビアモデルから準ミスの女のコとまで遊べてしまうのです!
 彼女たちは、店に待機しているワケではなく、指名すると連絡してくれ、タイミングが合えばその日のウチに、タイミングが合わなければ空いている日時と時間を教えてくれ、予約を入れて店に再訪する事になります。値段は女のコによって異なり、最低でも日本円で5万円以上。滅多に体験出来るワケではないので時間とお金に余裕があればチャレンジしてみる価値ありですね。

豪華なジャグジーで泡姫と混浴を楽しむ

 話を遊び方の流れに戻しましょう。泡姫を選んだら、コンチュアと一緒に会計所へ行きます。そこでプレイ料金を支払うと選んだ泡姫がやって来て、部屋の鍵を受け取り、泡姫がプレイルームまで連れて行ってくれます。プレイルームはシャグジー付きのゴージャスな部屋で、中へ入るとウェイトレスがドリンクの注文を取りに来ます。自分のドリンクと泡姫のドリンクを注文。ドリンクを持って来て料金を支払えば後は2人きりの世界です。この時、お釣りを貰わないで良いように、百バーツ(約360円)札を多めに持っておくのが通のやりかたです。大きい札を渡すとお釣りを持って来るまでの間、プレイに入れませんので、百バーツ以上2百バーツ以内なら2百バーツを渡して釣りは要らないよ、とやると早く厄介払い出来るしスマートですよね。
 泡姫はジャグジーにお湯を溜め、そこで混浴しながら身体を洗って貰い、ベッドへ行ってお楽しみとなります。残念ながらタイのマッサージパーラーではマットプレイがないお店がほとんどですのでベッドでゆっくり楽しむって言う遊び方ですね。そしてプレイが終わり洋服を着て部屋を出る前に千バーツ程度のチップを上げましょう。これがどこの店でも共通した遊び方となります。
 そしてタイのマッサージパーラーでは男性仲間と一緒に混浴出来る『アレキサンダープレイ』と言う遊びも楽しめます。
 これはどう言う遊びかと言うと、仲間の人数に合わせたVIPルームを貸し切り、それぞれが選んだ泡姫たちと一緒に大きなジャグジーでイチャイチャ出来るんですね。ぷち乱交と言えば分かりやすいでしょうか。湯船の縁に男性が並んで泡姫に交代でフェラして貰うのも興奮出来ますし、その場でハメハメしちゃう事も可能。エッチだけは2人きりで楽しみたいよ、と言うのでしたら、VIPルームには人数分の個室も併設されていますので、途中からそちらへ籠って遊ぶ事も出来ます。気のあった男仲間と一緒に裸の付き合いが出来るのもタイのマッサーパーラーならでの遊びですね。
 こちらのアレキサンダー用の個室があるのは一部の高級店だけ(紹介したポセイドンでも出来ます)ですので、遊びに行く前にお店のホームページでアレキサンダープレイが出来るかどうか確認してから繰り出せば良いでしょう。
 タイの夜遊び好きな日本人には定番となっているマッサージパーラーですが、高級志向の皆さんなら、モデルクラス以上の泡姫を選んでワンランク上の至福の体験をされてみるは如何でしょうか。

男仲間と一緒に裸の付き合いその名も「アレキサンダープレイ」

この記事をシェアする

関連ワード

ブルーレット奥岳

取材者 ブルーレット奥岳

日本で海外夜遊び情報を20年以上発信し続けている海外風俗のカリスマ。残念ながら休刊となってしまった海外夜遊び情報マガジン『アジアンキング』『アジアン王国』を作り続けて来た名物編集長としても有名。

この20年の間に回った国は世界34ヵ国、遊び倒した女のコの数は2000人オーバーと言うのだから凄い!この経験を生かし、東スポ、週刊実話、週刊現代などで活躍。雑誌以外では国毎の風俗情報を纏めた『夜遊びMAX』(オークラ出版刊)、『海外夜遊びの王様ランキング!』(ジーオーティー刊)など著書作も多数。

海外で遊んでみたいけど1人行くのはちょっと、と思っている方々の為に奥岳オフ会も主催。ご興味のある方は、ラインID:okudake5525、Facebookのグループ『アジアン王国』で検索して下さい。


◆アマゾンで購入可能なブルーレット奥岳の書籍リスト!
https://www.amazon.co.jp/ブルーレット奥岳/書籍リスト