高級デリヘル嬢・スタッフ一問一答 高級デリヘル在籍女性と店舗スタッフに直撃取材

「いつ辞めるか」を明確に。女性の夢を応援する高級デリヘル店とは?

トリプルクラウンのスタッフの、女の子の採用基準やお客様へのサービスの心がけ、変わったオーダーなどをインタビューを通して紹介します。

「いつ辞めるか」を明確に。女性の夢を応援する高級デリヘル店とは?

女性にとって高級デリヘルと言えば、“高収入”という言葉が最初に浮かぶだろう。在籍のクラスによっては1回の指名で数十万ということもあり得る世界だ。
そして品川の高級デリヘル・トリプルクラウンもそうした風俗店の1つである。インタビュー前にオフィシャルの求人ホームページを見ると、このような記載を見つけた。
『目標金額、出勤頻度、プロモーション、本業とのバランス、身バレ防止など、女性の体調を配慮したうえで、最適な目標と達成までのサポートをしていきます。「いつ辞めるか」を明確にしていきましょう。』と。
このように謳っている店舗は非常に珍しい為、一体どのように在籍女性達をサポートしているのか?本当に稼げるのか?その他にも高級店ならではの悩みなどを聞いていきたい。
前回のいずみ嬢に続き、高級デリヘル・トリプルクラウンさんのスタッフにインタビューをお願いした。一体どのような回答を得る事が出来るか非常に楽しみだ。それではインタビュー内容をどうぞ。

ーー女性はどんな職業の方を集めていますか?

スタッフ:幅広く集めていると思います。

ーー女の子の採用基準は?また、面接の際にチェックしている部分などがあれば教えてください。

スタッフ:見た目はもちろんですが、会話や性格の部分なども大事にしています。

在籍女性のプロフィールを見る限りアイドル、タレントから企業勤めのOLさんまで幅広く在籍している。女性の入退店は3か月サイクルとよく言われるが、そんな中でこれだけの在籍数を誇っているのは、このお店に残りたいと思う女性が多いという事。

お店への興味がさらに深くなったところで、次の質問へ。

ーー在籍女性に高級店ならではの研修や講習はありますか?

スタッフ:口頭でのマナー研修や服装のアドバイスなどをおこなっています。

高級デリヘル店の特徴として、マナーの重要度は極めて高い。加えてトリプルクラウンさんは「清楚」をコンセプトとしてるため、そのイメージを守ることが大切となってくる。
いずみ嬢然り、スタッフさんもだが、非常に礼儀正しく対面した時にとても印象が良かったため、普段から礼儀、マナーを意識しているのだと感じた。

では、次にお客さんについて質問をしてみることに。

ーーどんなお客様(職業・年代)が多いですか?

スタッフ:幅広い富裕層の方が来てくださいますが、30代以上の方が比較的多いかもしれません。

ーーリピートされているお客様はどのようなものを評価していますか?

スタッフ:総合的にご判断されているかと思います。

ーー人気のある在籍嬢はどのような女性でしょうか?

スタッフ:裏表がない女性がお客様に好かれています。

高級デリヘルは大企業の重役や芸能人も多く利用する。そのクラスともなると、自分がただ話を合わされていることにも気が付く為、裏表がなく接してくれる女性には好感を持ちやすい。そしてお客さんとの関係性をしっかりと築くことができる嬢がリピーターを得られるのだろう。

次は、ずっと気になっていた働く環境についての質問を。

ーー一日の中で新規のお客様からの問い合わせは何割ぐらいでしょうか?

スタッフ:半分くらいでしょうか。

ーー在籍女性で過去最高に稼いだ金額はいくらでしたか?(1日もしくは月額)

スタッフ:1日50万円くらいでしょうか。

ーー週2回1日4時間勤務した場合の月収はいくらくらいでしょうか?

スタッフ:女性にもよりますが、50万から100万以上行く女性が多いかと思います。

高級デリヘルでは深夜から朝までという長時間を希望するお客さんや、毎週利用するお客さんなど、気に入られればリピートに繋がり誰にでもチャンスはある。
お店によってはざっくりとした給与しか明記していないが、トリプルクラウンさんはどのクラスで何分のコースならいくらのバックがあるのか。それをHPにしっかりと記載している。働く女性にとっても具体的に稼げるビジョンが持てる。こういったところにも「いつ辞めるか」を明確するお店のこだわりが伺える。

ーー待機所がある場合は、そこでの設備や雰囲気を教えてください。

スタッフ:個室のブースでバリのリゾートのような落ち着いた空間です。

ホームページ内には待機所の案内ムービーが閲覧可能となっている。仕事をする上で、待機所の環境はとても大切であり事前に確認出来るというのは有難いことだろう。ほかにも面接場所やスタジオの雰囲気も確認できるため、女性への配慮が流石であると感じた。

ーー高級店ならではの悩みはありますか?

スタッフ:女性のクオリティを高く保つことが最もチャレンジングな仕事です。

ーー在籍女性との関係性で気を付けている点はありますか?

スタッフ:あまり馴れ馴れしくせず、適度な緊張感を持つこと。なかなかできてませんが(笑)

これら2つはまさに高級店ならではの悩みだと思う。
そしてこれまで落ち着いた様子でインタビューに答えていたスタッフさんだったが、ここで少しおちゃめな一面が。厳しさの中にもしっかり優しさある一面が見えた。これも女性達が働きやすい環境の1つだと感じた。

ーーお店の宣伝で特にチカラを入れている事はなんですか?

スタッフ:広告媒体の選別とメルマガです。

ーー店舗で実施されている新型コロナ対策、性病対策を教えてください。

スタッフ:スタッフ、キャストさん全員の衛生管理の徹底です。

コロナウィルス感染拡大の影響で厳しい状況が続く中でも、できることは最大限しているとのこと。その姿勢は先程のメルマガ然り、こういった地道な努力が結果に繋がるのだと、自分の背筋を正すような回答であった。

求人応募を考えている女性へ一言。

スタッフ:ご相談だけでも大丈夫ですので、お気軽にお問合せ下さい。

ーーこれから高級デリヘルを利用しようとしている男性へ一言。

スタッフ:特に営業はいたしませんので、お好みのタイプなど何なりとご相談ください。

インタビューご協力ありがとうございました。

--------終わりに--------
インタビューを終えて、トリプルクラウンさんの働くうえでの環境づくりが本当に素晴らしいと感じた。 しっかりと不安要素を取り除き、最高の状態でお客さんに接してもらう。結果在籍女性とお客さん双方が高い満足度を得られる。
それが「いつ辞めるか」を明確にさせ、夢の実現に最も大切なことなのだと。
自分には夢があり、目標金額が具体的に定まっている方は、是非一度「トリプルクラン」さんのホームページを覗いてみてはどうだろうか?より現実味が増してくるだろう。
ご一読いただきありがとうございました。それではまた次の高級店インタビューでお会いしましょう。

今回の取材協力店

トリプルクラウン

湾岸・品川エリア

  • 推奨優良店
トリプルクラウン
資格
18歳以上(高校生不可)写真付きの身分証明書をお持ちください
給与
業界最高峰のバック率!雑費&送迎費ナシ! 『90分大5枚以上も可能です!』 ※※完全日払い制
  • セレブ系
  • モデル系
  • OL系
  • 学生系
  • マダム系
  • その他

お店の人間関係がわずらわしい。。

おはようございます。 高級デリヘル品川トリプルクラウン 店長の岩崎です。 お店の人間関係がわずらわしい。。 「お店の女性同士の人間関係はどうでしょうか?」 待機場所などで、複数の女性が待ち合わせるようなお店の場合、 待機時間中の女性同士の人間関係が、けっこう煩わしいもの。 次々とお仕事が入っていく人気嬢を横目に、 暇な時間を潰す自分に惨めになったり、 逆に、人気の自分に対して、嫌がらせやイジメ みたいなものにあったり、 とくに、女性同士で協力する職場でもないので、 待機時間の過ごし方がとても苦痛だという女性多いみたいです。 『トリプルクラウン』でも、待機所をお勧めしていました。 駅ちかでカフェのような綺麗なお部屋ですし、 出勤時間に部屋にいてくれると、 お客様にお繋ぎしやすく、お客様のお部屋にも すぐに向かえますので、お店としても運営が楽だったからです。 でも、以前働いていたお店でいやな思いをして、 待機を嫌がる女性の多いこと。。 そこで、『トリプルクラウン』は 待機場所を『完全自由』にしています。 ご自宅だろうと、ショッピング中だろうと もちろん、綺麗な待機場所での待機も可能です。 出勤時間帯には、必ず連絡が取れるように していてくれれば、どこで何していようと 自由にしました。 お部屋で、別のことをしながら、気楽に待機できる。 かなりストレスがなくなったと喜んでもらえました。 最後までお読みいただき ありがとうございました。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 完全会員制 品川 高級デリヘル 『トリプルクラウン』 岩崎 健二 お店の電話番号 03−5315−4267 LINE ID tcrown2015 超リアルな報酬実例はコチラ https://3crown.jp/blog/money/ お店の求人ページ http://3crown.jp/blog お問い合わせメールアドレス girls@3crown.jp ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事をシェアする

関連ワード

高木優照

取材者 高木優照

昭和51年生まれの40代子持ち。
高級デリヘルの利用方法や楽しみ方をご紹介する『高級デリヘルお遊びガイド』の編集者。
未だに暇あればデリヘルを利用するタフさ。情報量と仕事への情熱は誰にも負けない。
流行りものが大好きなのに、会社では常にアロハシャツを着ている。